プラリペアがネットではよく話題になっているが、実験してみた。僅かな量だけど、1500円ぐらいもする。コスパは悪い。

130422-4.jpg

ラジオの角の欠けが実験対象。130422-1.jpg まずは型取りをする。角の壊れていないところを利用した。

130422-2.jpgつぎは調合。

130422-3.jpg写真を取るのを忘れたが、針から液をちょっと絞り出して、粉の団子をつくり、型とりに埋めこむ。慣れが必要。

130422-5.jpg液が少しでもかかると、その部分のプラスチックが溶けてしまうので、厳重に気をつけないといけない。今回は一部失敗した。

130422-6.jpgヤスリをかけ、なんとか仕上げた。満足した結果ではないが、もっと練習すればもっと上手になるかも。とくに、外観に影響しない部分であれば、プラリペアは確かにその価値がありそう。

130422-7.jpg

Comments are closed.

Post Navigation