無線やBCLをやるには、3つのことが大事と言われている。①無線機、②アンテナ、③ロケーション。良い無線機が必要なのは誰もがわかることだが、それ以上に大事なのは実はロケーションとアンテナ。良いロケーションとは、人工ノイズのない場所、高い場所、周りに何もない場所等だ。車に無線機を載せて、移動して通信する以外に、ロケーションを変えるのは大変困難。そうすると、工夫すべきことはアンテナという一点になる。

アンテナはローテクであり、ハイテクでもある。長いワイヤを張るだけの最強なアンテナもあれば、小さなアンテナでも高性能なものがある。外見や計測で判断困難なもので、インチキなアンテナは数多く発売されてきた。

昨日から、強風の被害が日本の各地にあったようだが、ここは意外と風が小さかった。それよりも数日前の強風によって、大変重いアンテナ台が倒れてしまったことだ。それで、Loopアンテナを外してみた。

130407.jpg

Perseus付属のソフト HFSpan.exe でアンテナの状態を確認してみた。FMアンテナと303WA-2のミックスした信号だが、結果的に問題が多いことがわかった。

030407-2.pngマンション管理組合に文句言われない範囲で、強風にも強いアンテナを考えないといけなさそう。

Comments are closed.

Post Navigation