Advantest社製デジタルマルチメータ(DMM)は3台ほど所有している。TR6847、R6451A、R6551。どれも内部ではバックアップ用電池が搭載されている。電池は校正用データを保持するためのもののようで、劣化して容量がなくなっても再校正すれば、DMMとして機能するらしいが、実験していないので、本当かどうかはわからない。

所有している3台のAdvantest社DMM

 ちなみに、上記写真は入力ショート時のACノイズを確認するために撮影したもの。3台のうち、R6451Aは最後に製造された一台で、ACノイズは0.041mVと小さい。R6551は0.753mVとやや大きめ。

R6551については、内部の電解コンデンサを全交換すればさらにノイズは小さくなるとかの噂は聞くが、すべての交換は自力ではできなかった(分解の手間を考えると躊躇してしまうから)。

既存のバックアップ用電池はMaxell リチウム ER3 (1/2AA) 3.6V というもの。いまでも市販されているが、電池代をケチるために、今回は秋月電子通商から、リチウム電池 1/2AAサイズのものを購入して代用した。商品説明は以下の通り。

メーカー Guangzhou Markyn Battery Co., Ltd.(中国製)
・種類:塩化チオニルリチウム電池
・電圧:3.6V
・容量:1.2Ah (0.5mA to 2.0V@23℃±2℃)
・最大連続放電電流:40mA
・最大パルス電流:80mA
・使用温度:-55~85℃
・充電:不可(使い切り電池です)
・保存期間:10年

また、電池ボックスも一緒に購入。購入単価は電池250円、ボックス100円。電池の製造時期は2018年4月13日。

さて、ICへの電力供給を一瞬たりとも止めないために、今回はとても神経を使った。交換ステップは基本的に以下とした。

  1. DMMの電源をOFFにし、電源ケーブルを外し、内部分解する。
  2. 電池ボックスをネジで内部に固定するのであれば、先に穴をドリルで開ける。
  3. 既存電池のプラスマイナス両側に、電池ボックスのプラスマイナスリード線をはんだづけする。より正確に書くと、プラスリード線は電極上の基板側だが、マイナスリード線は基板上のGNDにはんだづけした。また、リード線先端は、外部の精密実験電源から電力供給できるように、導線部分を多少残す。
  4. 上記のリード線に精密実験電源から、既存電池(実測では約3.7V)と同じ電圧を供給する。
  5. 既存電池のプラス極をニッパーで切り、既存電池からの電力供給を止める。3. でつけたプラス極リード線は当然基板側に残すように切る位置を決める。電池のプラス電極は逆L型の形で基板にはんだづけされているので、切る作業は簡単にできる。
  6. 交換用新しい電池の電圧を測る(約3.6V)
  7. 上記の電圧に合わせて、外部精密実験電源の電圧を徐々に下げる。約3.7Vから3.6Vに数分かけて下げる。
  8. 新しい電池を電池ボックスに入れる。バネの接触具合をよく確認する。また、新しい電池の製造時期は外部からひと目でわかるように電池を回転させる。
  9. 問題がなければ、外部精密実験電源を切る。
  10. 既存の電池のマイナス極をはんだこてを使って基板から取り外す。プラス極はすでに上記の 6. で切ってある。

R6451AとR6551は壁に穴を開け、電池ボックスを固定することにしたが、TR6847は両面テープで基板に電池ボックスを固定した。両面テープの劣化が心配で、さらに接着剤を使って強固にした。

以下はほんの一部の写真。

壁に穴を開ける
電池ボックスを2本のネジで壁に固定
電池交換完了時の様子。
基板に電池ボックスを両面テープや接着剤で固定

取り外した電池はそれぞれ89年2月、94年11月、91年1月製、対応する機種はトップ写真の順番に合わせた。おそらくDMM出荷後、電池の交換は一度も行われていなかった。いずれの電池も3.7Vをキープしているので、すごい寿命(24~29年)だと感激した。

取り外した古い電池。プラス極の切る位置に注目。

交換後、3台とも校正データは消えておらず、元気に動いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation