データ収集機能を使いたいので、手持ちのLCRメータ Agilent U1733用 IR-USB ケーブルを購入した。ケーブルは見栄えのよくない自作品がネットで見つかるが、ぼったくり価格ではなかったので、純正品の購入となった。

U1733C+USBケーブル+ACアダプター

対応ソフトも無料でKeysight(Agilentの後継企業)の公式サイトに公開されている。また、ACアダプターが使えるので、手持ちの12Vスイッチング電源を活用した(ACアダプターによってはノイズを多く発するものもあり、計測値が安定せず誤差をもたらすことがあるようだ。内蔵電池と比較して、計測値が一致するACアダプターを選ぼう。)

スタンドを使わないと横倒しになるという素晴らしい設計♡天下のAgilentは流石

IR-USBケーブルはU1733Cの背部に差し込んで使うため、スタンドを出さないといけない。差す部分は表裏がないようなつくりになっているが、ラベルのある面を外に向くように使う。どうしょうもない設計!

ただ、ソフトからはU1733Cに指令を出すことができるところはすごい。様々なパラメータを同時にPC画面で確認できることも嬉しい。U1733Cの液晶パネルはLCRメータとしては大きいほうだが、PCの画面と比べたらゴミサイズでしかないのでしかたあるまい。

PC画面。U1733Cを使いこなすにはやはりUSB対応が便利。

たとえば、標準抵抗40.000 kΩを測るにあたって、U1733Cの液晶パネル表示が4桁なのに、PC画面のRの値はなんと5桁。39.98という計測値は一つ前の記事、Peak Meter PM8236の表示に近く、Fluke 87Vとやや離れる。どっちが精度高いか、Fluke 8846Aにジャッジしてもらおう。(追加:Fluke 8846Aの表示は40.0002だったので、Fluke 87Vのほうが精度がよいことになる。)

LCRメータは使い道が多い。とくにコンデンサの品質を調べるにはLCRメータ以外の測定器では難しい。ただ、ここにも中国勢の台頭はすごい。わずか千円足らずのLCRキットで、コンデンサのESR値までを表示するのだ。LCRの計測だけでなく、トランジスタ、FETの種別や足アサイン、ダイオードの順方向降圧等、LCR+トランジスタ+FET+ダイオード等、電子工作に必要なパーツの多くを測定対象にしてくれる。

<Agilent U1733Cに関する資料やソフト>
ユーザマニュアル 日本語(または本サイト
データシート 日本語(または本サイト
クイックスタートガイド 多言語(または本サイト
IR-USB ケーブル対応PCソフト Windows用(または本サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation