昨年に秋月から購入しておいた、中国製デジタルパネルメータ PM129E を動作確認した。

130226.jpg基板のジャンパーをショートすることで、多くの仕様変更が可能。今回はフルレンジを0.2VDC、電源電圧を9Vとしたいので、DCという箇所と、200mVという箇所をショートさせた。

130226-5.jpgフルスケールの調整。出荷精度が0.5%以内となっているが、実測では2.3%もズレている。基板上の半固定抵抗5kΩを回して調整した。それでも、経年変化が心配。5kではなく、100Ω等の可変範囲の狭いものにしないと無理。

130226-1.jpg130226-2.jpg線形性に問題ない。

130226-3.jpg130226-4.jpg電源電圧9Vでは、電源電流が80mA。電力消費が案外大きい。視覚性良好。

Comments are closed.

Post Navigation