本機に備えている2番目の機能、電圧計について確認したい。表記の違いにより、レベル計(dBV計)、パワー(抵抗8Ωで換算)計としても使える。さらに、入力電圧を10倍増幅するという単純なノイズ計も内蔵されている。

まずはスペックの確認。130217-30.png

レンジの切り替え向きはふつうの電圧計と違い、時計方向では小さくなっていく。歪率測定の感度を高くする方向を時計方向にしたいためか、理解に苦しい。また、1mVレンジと300Vレンジとの間にストッパはなく、360回転が可能なところも不満。

値表示のアナログメータは一応日本のトップブランドYOKOGAWA製だが、サイズはそれほど大きくなく、ミラー付き目盛でもない。

130217-32.jpgさて、周波数特性を測ってみた。レンジに関わらず、似た傾向のようなので、10mVFSの入力に対するグラフだけを示す。低周波数域では、実質10Hzまで問題がなかったが、高周波数域は余裕がほとんどない。

130217-31.png

Comments are closed.

Post Navigation