UA-3Sはオーディオ総合測定器という位置づけのようだが、自分の欲しい機能は低歪率発振器と歪率計。とくに歪率計については、自作も考えたが、贅沢になったいま、結局金に物を言わせ、購入してしまった。それでも上位機種UA-2Sが購入できる予算はなかった。

130216-1.jpg130216-2.jpg大震災後、多くの計測器を新旧問わず購入してきたが、新品の日本製は案外ほとんどなかった。納得したものはどうしても見つからなかったから。機能がイマイチのことや、価格が高すぎること等。本機種もコストパフォマンスが悪い。発振器や電子電圧計はついているものの、上限周波数が220kHz。最も技術的に期待され、お金のかかる1MHz前後の周波数に対応していない。また、発振器の出力レベルは表示されないことも大きな欠点。数千円のものにも負けてしまう。

時間をつくって、じっくり各機能を確認していく。とくに低歪率発振器と歪率計の性能はとても気になっている。

Comments are closed.

Post Navigation