メーカーさんもわかっていることだが、今頃、天体写真撮影をやるひとはほとんどスマホを持っているだろう。そこで、使えそうなアプリを整理してみた。

自分はiPhoneなので、Android系はわからない。なお、アプリはよく無くなったりするので、あくまでも本日時点でのアプリ情報。

1. 88星座図鑑(Dreams Come True Inc。無料)

星座についての知識や図鑑等をまとめてくれるアプリ。星座検索もできる。88とは無論全天にある星座の数のことだ。

2. 星座表∞(ESCAPE VELOCITY LIMITED。有料600円)

無料版もあるが、よく使うので、有料版にした。
GPS位置情報から、現在地現在時刻の星座を表示してくれる。星座を一目でわかるひとには無用の長物だが、自分には必要不可欠なアプリ。時刻を指定することもでき、撮影したい星座がいつ、どの方角に現れるか、事前にチェックできる。

3. Polar Scope Align(Dimitrios Kechagias。無料)

GPS位置情報から、現在地現在時刻での北極星と真北とのズレを教えてくれるアプリ。スカイメモSのマニュアルにも、調整の仕方が書かれているが、理解にくい。対して、このアプリを使えば、簡単に真北とのズレが調整できるので、重宝すること請け合い。

4. コンパス(iOS標準アプリ)

方角を教えてくれるアプリ。また、GPS位置情報から、現在地の経緯度も表示する。緯度は北極星の高さでもある。

5. 水平器 & 水準器(Tatsuki。無料)

スカイメモSの設置角度を調整するのに便利なアプリ。iOS標準アプリであるコンパスにも水平器の機能はあるが、東西方向が0度(水平)、南北方向が35度、というような調整には、本アプリのような縦横両方の角度表示が必要。スカイメモSの電池蓋の上に、スマホを密着させ、本アプリの表示を見ながら角度を調整しておき、最後に、極軸望遠鏡で北極星を捉えるという使い方だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation