前回の記事から2週間のブランク。暇になったと思いきや、落ち着いて趣味に没頭する時間はなかった。ただ、10日間に記事にできるネタは沢山あり、ゆっくり消化しよう。

チューナー Sony ST-5066について、照明用ランプは結局LEDで自作した。秋月から角型電球色LEDを仕入れて、逆向きに2個を並列接続させ、さらに限流抵抗200Ωをつけたことで、ヒューズ型ランプ8VACの代わりにした。LEDでは電流が元の300mAから25mAに激減したが、明るすぎたせいか、均一照明になっていないところが失敗かも。完璧に直すには、ヒューズホルダの基板を作り直さないといけないかも。手間のことを考えて、このままにした。

また、トランジスタQ402のベースにつけられている抵抗R409(1kΩ)はここの中小都市のような、非強電界環境では必要ないと思うので、ショートさせた。それで感度が幾分上がった。

130216.jpg写真ではステレオランプが点灯しているが、実はそれが大変不安定。課題として残っている。

上位機種 ST-5140を実は10日間に手にした。FM機能は本機が弱いが、回路が分かりやすいこと、基板一枚でできていること、バーアンテナがケース内に内蔵していること、AM回路がほぼ同じであること、パネルの目盛が頑丈であること等の理由で、AMフリークの自分にとっては、本機のほうが気に入っている。

Comments are closed.

Post Navigation