注文したものが早速届いた。カーボン一脚 Sirui P-326 + 自由雲台 Velbon QHD-63Q。

161214

一脚本体も自由雲台も細ネジなので、取り付けが簡単。雲台の底が若干小さいが、見た目に違和感がない。雲台のストッパが一脚とぶつかり、干渉することもない。

一脚を完全に伸ばした場合は、三脚より約20cm高い。一脚の一番上の段に手が届きやすいので、一番下の段ではなく、一番上の段を高さの調整に利用する。

161214-1

雲台を外せば、カメラバックに一脚を入れることができるし、雲台を付けたままでも、バックの脇に収納できる。

161214-2

最大搭載荷重は一脚が10キロ、雲台が5キロというが、一脚のいうスペックは信用できないので、5キロまでのカメラ+レンズで問題がなければ大満足。

手ブレ補正レンズはほとんど持ってないが、一脚の力を借りて、3段遅め、できれば、4段遅めのSSで撮影できるようにしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation