今回の本命といえば、やはりこのハンダ除去器(吸い取り器、吸収器ともいう) Hakko 808。いままでは半田吸収線しか使ったことがないが、すぐに使い切ってしまうこと、基板を汚すこと、込み合ったところでは全くの役立たずであることが悩みの種。

130116-2.jpgこれで悩みからやっと解放されるか。しかし、代償も大きい。そう簡単に買える代物ではないし、新品なのに、キズがあちこちに結構みられる。

さて、早速パワーアンプ Trio M-6000を実験対象にした。プリアンプ部に使ったら、それでも大変だったが、とくに痛めることなく、外すことができた。クリーニングが面倒のようだ。慣れてくると結構使えそう。なお、自分の感覚では、ノズルをもう少し細長くしたほうがより使いやすい。

130116-8.jpg130116-9.jpg折角なので、ケミコンを全数交換。うちの4つをフィルムにしたので、音質の向上が期待できる。ただ、3.3uFは手元になく、部品待ち状態。それらもフィルムにしたいが、スペースが足りなさそう。

130117.jpg<追加 2013.1.19>
 注文したパーツがやっと届いた。大雪の影響で、出荷が遅れたという。同外装のケミコンがなく、緑のBPにした。

半田付けして一件落着。音に変化があるようなないような、よく分からない結果ではあるが、心理的な満足度が高い。死ぬまで動いてくれそうと。

130119-22.jpg130119-23.jpg130119-24.jpg

Comments are closed.

Post Navigation