大震災を機に、電池長持ちのものやHF帯アクティブアンテナをつくってみたくなった。が、ネットで確認したら、1個当たり10円以下の安価で販売されている高周波用トランジスタやFETは種類が大変少なくなり、手に入りにくいものがヤフオクなどでは転売対象にされている。

デジタル時代に入ってしまったので、設計者のノウハウひとつで優劣が分かれる高周波技術はそれほど必要でなくなったかも。アマチュア無線をやっている若者はほとんどいなく、テスターやオシロスコープというのも死語になっている。

使う見込みのある2SK241等を多めに注文し、当面手持ちと合わせてなんとかやってみよう。

110424.jpg

Comments are closed.

Post Navigation