手元にすでにAgilent U1733Cというのがあるが、1/10の売値に惹かれ、秋月からLCRメータ DE-5000を購入した。機能的にはU1733Cとほぼ同じ。U1733Cを目標に、パクって作ったものかもしれない。(修正。事実を誤認してしまった。実際には、Agilentが台湾メーカーを買収して、その商品をAgilentブランドにしたので、台湾が本家本元だった。)

早速手作りの精密抵抗ボックス(誤差0.01%抵抗 100,1k, 10k, 100kを内蔵)でテスト。誤差範囲内に収まっているので、問題ない。下の写真は1kΩの精密抵抗に対する測定値。計算上0.02%の指示誤差になるが、スペックは±(0.3%+2)となっているので、誤差範囲内とした。

130112.jpgつぎに、手持ちの精密コンデンサ(誤差0.5%、1500p)でテスト。こちらも問題ない。他のESR測定もOK。

130112-1.jpgということで、コンデンサの選別やコイルの自作に必須の1台として勧める。

Comments are closed.

Post Navigation