到着したバッテリー(鉛蓄電池)にDC/ACインバーターをつけ、さらに27W蛍光灯をDC/ACインバーターのコンセントにつなげたら、あっという間に緊急停電用照明ができあがった。バッテリー容量が20Ahと大きいので、点灯が3時間以上続けられそう。

ただ、気になることはやはり出てきた。

1. DC/ACインバーターに排熱用ファンがついているが、案外音がしてうるさい。離れるところにおきたい。

2. DC/ACインバーターも蛍光灯も高ノイズを出すので、ラジオを近くに置かないようにしよう。

費用はバッテリーが4,850円、DC/ACインバーターが2,480円、計7,730円。コストパフォーマンスが良いかどうかは、ひとによって認識が異なるだろう。

ちなみに、停電や計画停電で、通販や店頭のほとんどでは売り切れになっている三洋ブランドのEneloop 単一電池は容量5,700mAh(=5.7Ah)、約1,700円の売値。3本ぐらいで鉛蓄電池が買えてしまうので、鉛蓄電池はけして高くない。

110409-5.jpg

Comments are closed.

Post Navigation