初めて正栄デンシというお店に訪れた。某雑誌に地元の電子パーツ店としてリストアップされたから。

121125-3.jpg店長さんとその奥さん二人のお店のようだが、ハシモト電気よりも品ぞろえが良さそう。何年も置いてきたフィルムコンデンサ等、こんどゲットしにいくかもしれない。

そのまま帰ると申し訳なく思い、On抵抗の高いタクトスイッチと同じものはないかと尋ねたら、優しく探してくれた。高さは多少違うが、なんとか使えそう。それでもほかのパーツとで100円ちょっとしかならなかった。

長くやってらっしゃるですね。と声をかけたら、店長さんの顔が目に映った。なんとあのハシモト電気のお兄さん(当時)ではないか。そのことを話したら、シミジミと時間の流れにともに感心した。ハシモト電気のお二人は結局構えているお店は違うが、まだ同じ仕事をしていることだ。

数十年も前のことを覚えているひとはすくないが、昭和50年代って自分にとってはつい先日のようだ。

121125-4.jpg

Comments are closed.

Post Navigation