Sony自社製ICを調べたうちに、英語版サービスマニュアル完全版をみつけた。回路図付き。

ということで、数日一生懸命調べたことは無駄だったけど、勉強にはなった。スピーカボードなど、まだ調べていない回路図も手に入れ、制御部分は作らなくて済むかもしれない。

中国が真似ることを恐れ、いまは日本も米国もサービスマニュアルは公開しなくなった。そういう意味で、貴重な資料だと思う。

TAAV670-perfect.pdf

中で公開された回路図。電圧値付き。

121124.png121124-1.png上記の回路図の、CLASS-B DRIVEという記述が気になる。50~100mAのバイアスはクラスBにするためのものか。自分はクラスABにしたいので、150mAではなく、200~300mAにするぞ。

また、自分の基板から起こした回路図と見比べて、若干の間違い箇所があったが、概ね正しかったといえよう。

Comments are closed.

Post Navigation