AVアンプについてきたコントロール基板は使いたくないので、リレーの制御部分を自力で作らないといけない。そのスペックを考えてみた。

操作シーケンスは以下のものか。

①ACボードの5V出力を利用して、スタンバイLEDを点灯させる。ボリュームツマミに極小LED穴があり、そこの赤LEDを利用しよう。

②電源SW(内蔵の電源SWを活用したい)が押されたら、ACボードの電源リレーをOnさせ、数秒後、スピーカリレーをOnさせる。スピーカリレーは24V仕様。パワー段電源の片側50Vから分圧して使おう。

③LRch両スピーカへの出力電圧をつねに監視し、平均電圧が0.5Vを超えたら直ちに次の④の後半に移行。

④電源SWが押されたら、スピーカリレーをOffさせてから、電源リレーをOff。

過大電流の検出回路がAMP-Bボードに内蔵されているが、利用するのが面倒なのでパス。また、リレーのOn/Off状態を視覚的にわかるようにするには、赤LEDを2色LEDにするといいかも。

以下はボリューム(モーター付き5連)ツマミ内のLEDボード。赤LEDのみ。

121123-6.jpg

以下の写真は電源SWボタンの裏にあるタクトSW。On抵抗が数kΩと大きい。

121123-8.jpg

Comments are closed.

Post Navigation