今年3月に入って新品購入したタムロンレンズ4本のうち、2本は正常だと思っていたが、再テストした結果、問題がないのはタムQ と呼ばれる単焦点90mm F2.8のみで、残りの3本は何らかの問題を抱えている。ニコンの新品ズームレンズは AF-S 24-85mm F3.5-4.5G 1本のみの購入だが、それも問題あり。

SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09) 、ニコンFマウント。日本製。現行品。

161107

161107-1

161107-2

試写条件。ISO 100、フルサイズ ニコン D750 使用、三脚使用、ピント合わせはMF+LVモード、露出補正なし。晴れ。各焦点距離について、開放絞りF2.8, F4, F5.6, F11 の4段で数百メートルを離れた建物を撮る。

下の各リンク先はRawファイル、サイズはそれぞれ、約30MB。
28mm: F2.8, F4, F5.6, F11
35mm: F2.8, F4, F5.6, F11
50mm: F2.8, F4, F5.6, F11
60mm: F2.8, F4, F5.6, F11
75mm: F2.8, F4, F5.6, F11

ワイド側の28mm, 35mmにおいて、開放絞り、あるいは、F4では、左側が片ボケのようだ。

(下の写真)焦点距離 28mm、開放絞りF2.8、左端を100%クロップ。2重像。
161107-28l

(下の写真)焦点距離 28mm、開放絞りF2.8、右端を100%クロップ。正常状態。
161107-28r

(下の写真)焦点距離 35mm、開放絞りF2.8、左端を100%クロップ。2重像がまだ消えない。
161107-35l

(下の写真)焦点距離 35mm、開放絞りF2.8、右端を100%クロップ。正常状態。
161107-35r

(下の写真)焦点距離 50mm、開放絞りF2.8、左端を100%クロップ。正常状態。
161107-50l

(下の写真)焦点距離 50mm、開放絞りF2.8、右端を100%クロップ。正常状態。
161107-50r

上記6枚のJPEG写真でわかるように、28mm, 35mm では、左側は像が2重に写る。右側は問題なし。50mm以降の焦点では正常に戻る。

開放絞りでの2重像の解消が自分の望み。F5.6に絞り込んだ時と同じ解像度を要求していることではない。そういう要望でさえ、いまのズームレンズでは難しいということかな。新品購入したレンズはまずメーカーに点検を出す時代?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation