基板をつくり、パーツをマウントして半田付けして、電源回路を完成した。

121102.jpg121102-1.jpg121102-2.jpg

いわゆるオーディオ用パーツはひとつもなく、秋月電子の格安ものでつくった。トロイダルコイルはひとつ色違いになっているので、手持ちの他のものと交換する予定。

ブリッジ直後の平滑用ケミコンは4700uF、その直後のLPF(カットオフ周波数が計算上約80Hz)にケミコン9400uF+コイル400uH、という極一般的な回路。ファーストリカバリダイオードにしたかったが、適当な電流容量のものが手持ちになく、いつものショットキーブリッジにしている。

アルミケースの加工作業が残っている。ヒートシンクも若干大きく、削らないといけない。週末の二日間でアンプ作りが終わるといいな。

Comments are closed.

Post Navigation