電源部の改造等、やるべくことはいくつか残っているが、アンプづくりは一段落した。つぎの一台はいつになるかは分からないが、その前に自作したアンプの性能をきちんと測定すべきだと思う。測定したからといって音質がいいとか悪いとかを決めつけるのはなかなか難しいが、耳の感覚を補助する意味でも重要だろう。

手持ちの測定器を調べたら、歪率計がないことに気づいた。自作ものなら一台持っているが、1kHzしか測定できないし、いくつの問題がある。PCで測定する方法もあり、その方向で整備していきたい。

ソフトWaveGeneとWaveSpectraで試したことはあったが、サウンドボードが原因だと思うが、信頼できる結果にはならなかった。PC2台のほうがいいという報告があるので、それも含め検討したい。

Comments are closed.

Post Navigation