最近、Ai AF Zoom Nikkor 35-135mm f/3.5-4.5 というレンズは大の気に入り。パノラマにすれば、20mm広角レンズ相当の写真を、DXフォーマットにすれば、200mmレンズ相当の写真を撮影できるから。つまり、20~200mm/F3.5-4.5 という夢のようなレンズが実現するわけだ。

さて、AFレンズとほぼ同規格のMFレンズは長きにわたり、販売されていた。AFとMFとのレンズ作りの違いや画質の差異を知りたいがために、ヤフオクにてMFレンズを安値でゲット。

Ai Zoom-Nikkor 35-135mm F3.5-4.5S (Aisタイプ)

161029-10

161029-11

161029-12

161029-13

161029-14

中古市場では、こういうスペックのAFレンズもMFレンズも全く人気がない。売れたら万々歳という状態。改めて手にして確認したら、MFレンズの作り良さが確認できた。ズーム環兼距離環のゴムカバー以外はすべて金属製。設計が合理的で、マウント部からアクセスすれば、後第一組、第2組のガラスユニットは簡単に取り外せる。片ボケ対策もきちんと考案されていて、調整がとても楽。マクロ撮影は、MFレンズがテレ端の135mm、AFレンズはワイド端の35mmで行う。マクロ以外の最短撮影距離はどちらも1.5m、大いに不満の残る点だ。

ということで、AFレンズの良さはAFできる、その一点に尽きる。その他の面はすべてMFのほうが良い。

では、画質はどうだろう。設計に無理のない分、MFレンズが有利だろうが、果たして結果はどうだろう。

天気は晴れ。ISO 100、三脚使用。テレ端の135mmは遠い被写体でないと、画質の確認が難しいので、135mmのみは違う被写体にする。ピント合わせについては、MFレンズはLVモード、AFレンズはカメラ任せ。

Ai AF Zoom Nikkor 35-135mm f/3.5-4.5
 35mm: F3.5F11
 50mm: F3.8F11
 70mm: F4F11
 135mm: F4.5F11

MF Ai Zoom-Nikkor 35-135mm F3.5-4.5S(AFレンズの絞り値はExif情報として記録されるが、MFレンズは開放絞りの実質絞り値は確認できないので、以下では単に開放絞りと表記する。)
 35mm: F3.5F11
 50mm: 開放絞りF11
 70mm: 開放絞りF11
 135mm: F4.5F11

上記の写真のうち、ワイド端とテレ端についてのみ、開放絞りでの比較を以下にさらに示す(右端の一部を100%クロップ)。

(下の写真)AFレンズ 35mm、開放絞りF3.5。
161029-af35f35

(下の写真)MFレンズ 35mm、開放絞りF3.5。
161029-mf35f35

(下の写真)AFレンズ 135mm、開放絞りF4.5。
161029-af135f45

(下の写真)MFレンズ 135mm、開放絞りF4.5。
161029-mf135f45

焦点距離 35mm, 50mm, 70mm においては、AFレンズは周辺解像度が若干高い。一方、テレ端135mm においては、周辺部画質はMFレンズが圧勝。全体的には、MFレンズは画質が良いと個人的に判断した。無論、個体差が想像以上に大きいので、この二本のレンズに限る結論になるが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation