Rajiko.jpに代表されたように、各地FM放送のストリーム中継が実現した今日、あえてチューナやラジオでFM放送を聴く必要はないかもしれない。それでも暇なので、ちょっとラジオで聴いてみた。

遠距離放送局を聴くのに、アンテナや天気、時間に左右されることが多いので、あくまでも参考としてだ。

<周波数(MHz)、愛称、場所、出力パワー、受信状況(Sメーター)>
76.1、InterFM、東京、10kW、0
76.4、レディオ・ベリー、地元宇都宮、1kW、5
77.1、放送大学、東京、10kW、1
78.0、bayFM、船橋、5kW、0
78.6、FM-FUJI、三ッ峠(中継局)、不明、0
78.8、放送大学、前橋(中継局)、1kW、2
79.5、NACK5、ときがわ(埼玉)、5kW、5
80.0、Tokyo FM、東京、10kW、2
80.3、NHK FM、地元宇都宮(中継局)、1kW、5
80.7、NHK FM、船橋(中継局)、5kW、1
81.3、J-WAVE、東京、10kW、3
81.6、NHK FM、前橋(中継局)、1kW、3
82.5、NHK FM、東京、10kW、4
82.9、NHK FM、葛生(中継局)、10W、1
83.2、NHK FM、水戸(中継局)、1kW、5
83.6、Tokyo FM、青梅(中継局)、不明、1
84.0、NHK FM、今市(中継局)、3W、1
84.7、FM ヨコハマ、横浜、5kW、0
85.1、NHK FM、浦和(中継局)、5kW、5
86.3、FM ぐんま、前橋、1kW、5

NHKの中継局が多すぎて、記録漏れがあったかもしれない。それにしても、その支配力は絶大で、どこにいても、NHKの電波からは逃れられない(笑)。

ちなみに受信に使用したラジオは中国製 Tecsun PL-660、そのFMは車載用チューナ並みの高感度のようだ。Sメーターの最大目盛は5。

110430-6.jpg

地元宇都宮のNHK放送局。重大事件があれば、すぐに飛んでくる。

Comments are closed.

Post Navigation