リアパネルの加工がやっと終わった。早朝とはいえ、日にあたったアルミ板までが結構熱くなっていたが、夢中で作業した。ハンドニブラーが完全に壊れ、戻らなくなった。1回の切断で2mmしか進まないが、戻すには分解しないといけず、間に2分間の準備が必要。もっと頑丈なものを物色しないといけないね。

120821-1.jpg

いつもの方針により、できるところから配線。トロイダルトランスのリード線が十分長く、今回は電源スイッチ周りがすっきりした。

120821-2.jpg

ACインレットは前回のLM3886アンプと同じ向きにしたいので、ヒューズをコールド側に入れることにした。行けないことだけど。ただ、電源スイッチはちゃんとホットをON/OFFするようにしている。

120821-3.jpg

TO-220パッケージの温度センサは3ピンコネクタ経由でマウント。そのフィンがGNDと繋いでいて、絶縁したほうがいいかもしれないので、シリコンラバーを挟んで、プラスチックネジで固定。しかし、リード線は長さが足りない。

120821-4.jpg

そして、片CHの仮配線が終わったところで、動作確認。電源部からは所定の電圧が出ていることを調べてから、アイドリングを1Aに上げた。DCオフセットは常に揺れ動いているが、数十mV範囲内。

30分様子みたら、放熱器はすでに手で触れないぐらい熱くなっている。50℃前後かな。左右CHが同時に動いたら、冷房なしには絶対に使いたくないアンプだ。ファンの効果はまだ確認できないが、やはり必要ということを実感。それでも、予定の1.2Aアイドリングは厳しい。

仮にアイドリングを1Aのままで使うとなれば、インピーダンス6Ωのスピーカに対し、パワーは12Wになる。小音量で聴く当環境では、音量不足にならないだろう。

120821-14.jpg 120821-10.jpg 120821-11.jpg 120821-12.jpg 120821-13.jpg

Comments are closed.

Post Navigation