取り敢えずアイドリングを左右とも0.85Aに調整し、DCオフセットを再確認して、スピーカに繋いで試聴した。

試聴時間が短いので、LM3886アンプとそれほど違う印象はなかったが、ノイズが酷かった。LM3886アンプでもデジタルアンプでも全く聴こえなかったノイズがスピーカからはっきりと聴こえてしまう。ちょっと参った。発振している可能性もあるし、配線の仕方によってどこかが変になっている可能性もある。PICはまだ載せてないので、デジタル回路によるノイズではないはず。

原因究明をしないといけない。なお、通電30分の時点では、温度センサの出力電圧によると、左右放熱器の温度はともに53℃に達した。ファンはまだ稼働していない。

オシロスコープで確認したところ、ノイズは100Hzハムのようだ。アース引き回しの問題とも考えられるし、トランス等からの誘導ハムかもしれない。何れにしても、退治するには時間がかかりそう。

120825.jpg

Comments are closed.

Post Navigation