午前のつづき。

8.エッチング。
 2回目なので、粛々とやるだけで終わった。かかった時間は15分。銅箔が全部溶けだしたらすぐに取り出し、水でよく洗った。液が残っていると腐食が進む。

120812-10.jpg 120812-11.jpg

9.インクを洗い落とす。なかなか落ちない。
 保護用インクをクレンザーで洗い落とした。インクが大変頑固。紙繊維が落ちても、インク自体はなかなか落ちない。インクペンで描いたものよりも何十倍も強かった。今回一番大変だったのはこの作業。

120812-12.jpg 120812-13.jpg

テスト用の細かいパターンも上図のように、ちゃんと残っている。日付も。

10.最後は穴開け。
 100円ショップからゲットしたハンドドリルを使った。ちゃんとした製品はあるが、届くまで数日かかるから、いいやという気分で安物を使った。0.8mmドリルビットに交換。

実際の作業では実物に合わせて、穴サイズを調整したり、位置のズレを修正したりして、数時間かかった。外注よりは当然見た目が悪いが、電源部なので、サイズのわりに精密さはなく、自作でも問題なさそう。いくつの課題は残っているが、自力で片面基板はつくれることを確認したのが本日最大の収穫。

120812-14.jpg

半田づけして、アンプ部基板の到着を待つ。

Comments are closed.

Post Navigation