状態のよい Ais Nikkor 28mm F/2 を探しているが、なかなか見つからず、とうとうZeissブランドと称するコシナ製レンズに手を出した。Distagon 28/2 ZF というやつ。その画質を自分の目で確認するためでもある。

161005

161005-1

161005-2

161005-3

スペック、レンズ構成図、およびMTF。将来のために残しておこう。本レンズは ZF マウント。下のデータに入っていないが、大きな違いではないはず。

161005-6

161005-7

161005-8

公式なデータシート(PDFファイル)

ニコン Ais 28/2 に比べて、最短撮影距離が長い。レンズのフロントからは僅か数センチの違いしかないが、Zeissの技術というなら超えてほしかった。

161005-4

ヘリコイド(ピントリング)の感触が絶品とよく言われるが、ニコンの新品Aisレンズと同程度だろう。所詮日本製品、加工技術に関して、コシナがニコンを越えるはずはない。ニコン Ais 28/2.8 がまだ新品販売しているので、入手して比較すれば納得するはず。

さて、例のテストを断行。10万20万が当たり前となってしまったコシナ製レンズは本当にその価値があるのだろうか。

撮り比べに使ったほかのレンズは以下の3本。いずれも自分の所有品。

AF-S Nikkor 28mm f/1.8G、新品購入。現行品。
Ai Nikkor 28mm f/2.8S、新品購入。現行品。
Nikkor-NC Auto 28mm f/2、中古品。薄曇り有。

161005-5

天気は曇り、快晴ではない。ISO 100、三脚使用。AFレンズはカメラ任せのピント合わせ、MFレンズ(本レンズ+他の2本)はLV(ライブモード)によるピント合わせ。絞りは F1.8, F2, F2.8, F4 のみ。とくに、開放絞りの画質について重視したい。開放絞りが使えないレンズは販売を止めてほしいよね。

各絞りにおける写真は以下の通り。すべてフルサイズカメラ D750 の出したNEFファイル(サイズ約30MB)。Exif情報等はそのまま残っている。

Cosina Distagon 28mm F2: F2F2.8F4
AF-S Nikkor 28mm f/1.8G: F1.8F2F2.8F4
Ai Nikkor 28mm f/2.8S: F2.8F4
Nikkor-NC Auto 28mm f/2: F2F2.8F4

上記の写真のうち、開放絞りのものについて、それら画面の左端一部を100%クロップして、以下に示す。

(下の写真)Cosina Distagon 28mm F2、絞り F2。
161005-10

(下の写真)AF-S Nikkor 28mm f/1.8G、絞り F1.8。
161005-11

(下の写真)Ai Nikkor 28mm f/2.8S、絞り F2.8。
161005-12

(下の写真)Nikkor-NC Auto 28mm f/2、絞り F2。
161005-13

一回のテストで結論を出すのは早いかもしれないが、自分の見た目では、シャープさに関して、

Ai Nikkor 28mm f/2.8S
AF-S Nikkor 28mm f/1.8G
Cosina Distagon 28mm F2
Nikkor-NC Auto 28mm f/2

という順になっている。Ais 28/2.8 はコシナに比べて絞りが1段と暗いので、直接対決にはならないが、AFによる操作性、画質、明るさ、取得価格という面で選ぶと、コシナは所詮コシナ、ニコンの新設計 AF-S 28/1.8G に敵わないのではないか。

それにしても、現行品の Ais 28/2.8 はさすがの銘品。1980年代の古い設計なのに、堂々と戦える。開放絞りが2.8でも良ければ、本レンズの半値で買える Ais 28/2.8 は強くお勧め。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation