90年代のDCアンプは初段に差動増幅回路を採用するのが多かった。入力インピーダンスを高めたいためだった。しかし、近年の流行りといえば、ダイヤモンドバッファ+SEPP (Single Ended Push-Pull) を採用する回路が多くなっている。

そして、NFBはダイヤモンドバッファのバイアスを変えるので、電流帰還型と称されている。

120716-2.gif

それ以上のシンプル化は難しいほど洗練されているところが魅力。それゆえ、製作しやすく、成功率が高い。

能率のよいスピーカをドライブし、DACを音源とするなら、アンプのゲインはそれほど要らない。電圧ではなく、電離駆動でアンプ全体を見直す動きは確かに理にかなっている。

手軽さから、真空管に手を出すことはいつも躊躇する。暑い夏にはやはりTrが似合うので、All Tr アンプにチャレンジしようと考えている。10WそこそこのA級アンプは一度作ってみたい。そういう夢がずっとあったし。

ただ、Trアンプはデリケートで熱暴走しがち。ケース内の温度上昇、出力Offset、パワーTrの電流等、PICプロセッサを活用してちゃんと監視しておかないと、安心して音楽が楽しめないのかもしれない。つまり、各種保護回路が必須か。

Comments are closed.

Post Navigation