基板を外注するために、ソフトEagleの勉強に取り組んでいる。慣れてないので、何回も何回も書きなおしていた内に、コツがだんだん分かった。

<回路編 Schematic>
① Gridからの束縛を逃すためには、Altキーが有効。オペアンプの足はGrid上に置いてない。それに接続するには、Altキーが必要。
② パーツをWireで接続できたかどうかは、パーツをMoveして確認するのがよい。接続したと見えたけど、実は繋いでないことがよくある。Moveして一緒にくっついてくるかどうかで確認。Escキーで元の位置に戻す。余計なWireがついてしまった場合でも、Moveして初めて気づく。

<基板編 Board>
① 配線が失敗したときに、ラインを右ボタンでRipupし、Routeでやり直す。
② 未配線でも問題ない。黄色ラインの未配線については、右ボタンでPropertiesし、「Airwires hidden」を選択すれば、画面から隠すことができる。コマンド ratsnest VCC のように、隠したVCCを再表示することもできる。なお、配線の名称はSchematic上で確認できる。
③ Viaはサイズ変更可。マニュアルで追加したViaは右ボタンでPropertiesから、口径やドリルサイズを変更する。
④ Viaの削除。余計なVIAを追加してしまったら、WireをRipupし、再度Routeすれば、VIAは削除されることがある。あるいは、Ratsnestでも消えることがある。
⑤ とにかく、倍率を上げて、細かいところを良く観察することが大事。多くの問題点に気づく。

それでも、以下のことを心配している。
① 足の太いパーツが多いので、端子穴のサイズは大丈夫か。
② すべてのパーツは無理なく基板に収まるか。ユニバーサル基板に実際にパーツを差し込み、端子間の穴の数と画面のGridの数と一致しているかどうかを確認。ダメなら、Schematicに戻って、違う大きさのパーツにReplaceする。
③ ケミコンは熱源に近過ぎないか。ケミコンの寿命と直結するので、なるべく熱源から遠い位置に置く。今回は、LM3886近傍のMute用ケミコンは基板の裏に配置するつもり。
④ GNDの配線は問題ないか。自分なりに頑張ったつもりだが、自信がない。

1日かけてチェックして、明日発注できればいいな。今回は節約して、サイズを10cmX8cmに圧縮した。本来ならば14cmX8cmにしたかった。それと、左右対称を目指して頑張った。なお、LM3886への±DC給電は太いリード線が必要で、基板の細く薄い銅箔では無理っぽい。7Aが流せるジャンパー線を直接LM3886の1番5番、4番足に半田付けるつもり。

120707.png
120707-2.png
120707-3.png

電源部は基板のサイズが大きいので、自分でエッチングする予定。エッチング液だけで800円近くし、日本って物価が高い。

120707-1.jpg

Comments are closed.

Post Navigation