Nikon Ai 35mm F2 というレンズを入手したら、やっとそれまで所有していたレンズは New Ai 35mm F2 Ai改 だということに気づいた。間抜けだった。

Newタイプ(Newという単語を使ったニコンのセンスはそんなものかと嘲笑の対象になるが、外国ではKタイプと呼ばれている)レンズは、コスト削減のために、Autoタイプレンズの後継レンズとして登場していた。しかし、数年も経たないうちにAiタイプのレンズに切り替えられたため、現存数はAutoやAi, Aisに比べて少ない。また、多がAi化(ニコンによる純正のAi改造、つまり、絞り環の交換)されたので、Aiタイプとして誤認され流通している。

ニコンのレンズについてひと一倍研究しているし、よくわかっていると自慢している自分も、Newタイプだと気づかなかった。

2本の写真を以下に示す。距離環(ピントリング)のラバー(ゴム)模様や幅、シリアル番号が大きな特徴だと言われている。また、よく比べると、細かな違いは外観から観察できる。ただ、手元に1本しかない場合は確かに気づきにくいこともまた事実。

160930

160930-1

160930-2

160930-3

160930-4

160930-5

コーティングの違いも明らか。Newのほうはマゼンダ、Aiは緑色を呈している。

さて、また折角なので、撮り比べてみた。最近は天気がぱっとしないが、本日は快晴。被写体はいつものもの。同じ被写体だと違いがよくわかるし、自宅のバルコニーという至近距離もその理由。いつものように、ISO 100、三脚使用、LV(ライブモード)によるピント合わせ。

New 35mm F2 (Ai改)、開放絞り F2、NEFファイル約30MB。
Ai 35mm F2、開放絞り F2、NEFファイル約30MB。

New 35mm F2 (Ai改)、絞り F4、NEFファイル約30MB。
Ai 35mm F2、絞り F4、NEFファイル約30MB。

2本のレンズはともに片ボケがないことが確認できた。NEFファイルだとわかりにくいので、開放絞りでの撮影写真の左端一部を100%クロップしたものを以下に示す。

(下の写真)New 35mm F2 Ai改、開放絞り。
160930k2l

(下の写真)Ai 35mm F2、開放絞り。
160930ai2l

レンズガラスの構成は同一で、光学設計は同じのはずだが、Aiのほうが多少解像度が高い。個体差か、全般的に言えることかはわからないところが残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation