待ちに待った基板の到着。Fusion PCB Serviceに発注してから11日目。

120721.jpg 120721-1.jpg 120721-2.jpg

11枚。1枚はおまけ。全数検査したようだ。

120721-3.jpg 120721-4.jpg

初の体験だが、自分としては満足。パーツを装着して、ちゃんと収まっているかを確認した。問題なさそう。

数時間の半田付け作業で、片チャネルが完成。きっと問題がおきるので、調整してから残りの片方基板を半田付けする予定。

全く信用していないケミコンは結局3ペアを使わざるをえない。LM3886近くのはMute用、100u/50V/125℃。中間はバイパス用、1500u/50V/105℃。熱源に最も遠い外側のは3端子レギュレータ側バイパス用、330u/50V/85℃、最高級品といわれているnichicon MUSEシリーズ。

放熱器およびケースへの装着、配線がまだ大きな試練として残っている。とくに放熱器への装着ができないと、発熱でテスト調整はできない。

120721-11.jpg 120721-10.jpg 120721-12.jpg 120721-13.jpg

Comments are closed.

Post Navigation