120603.jpg

首の皮一枚でつないだ状態で届けられた。でも、重症の自分はこういうものを見ると萌えてしまう。新品同様だとせっせと片付けて見向きもしない。

Sanwa 360-YTR。抵抗器等を見ると1960年代の商品だと思われる。DCの内部抵抗は10V以上のレンジでは4kΩ/V、DC2.5Vおよぼ0.5Vレンジでは10kΩ/Vと高くなっている。ちなみに、本機種の後継機はYX-360TRだ。

120603-2.jpg 120603-1.jpg

届いた状態では、メータの指針がフルスケール近くに止まっていた。調整したら動くようになった。メータムーブメントは昨日のEM-3000IIとは品質的には変わらず、Simpson 260やYEWとは結構なレベル差を感じた。恐らく、60年代には技術力による差、今日はコスト第一による差なんだろうね。最も質のいいメータムーブメントはSanwaの70~80年代製品に装備していたことか。

120603-4.jpg

ただ、ロータリスイッチはやはり一流。接触不良が起きないだけでなく、感触が素晴らしい。

バラバラの部分を接着剤で固定し、補強材でさらに補強して、実用に耐えるレベルに復活させた。焼損した抵抗器がなかったことがラッキー。

120603-3.jpg 120603-5.jpg

鉄製の裏蓋が精密に作られていて、本体に完全に嵌めこむことは無理っぽく、諦めた。

120603-6.jpg

<参考資料>
回路図パーツリスト

Comments are closed.

Post Navigation