半年間、アナログマルチテスターを沢山手に入れて、あれこれ楽しんでいる。良し悪しが一概にいえないものの、評価すべき項目はきちんとしている。たとえば、精度。精確な電圧や電流を正しく表示してくれるか、抵抗器の値を正しく表示してくれるか。指針からの値の読み取りに若干の個人差が認められるが、フルスケール付近では1%のズレなら誰もが分かるものだ。たとえば、重量バランス。水平に置いて使えとはいうものの、良いテスターとは縦にしてもそれほどの誤差は出ない。たとえば、回路保護機能の有無。実際にテストすることは危険だが、保護回路が内蔵されているかどうか、目で確認できる。たとえば、スイッチやボリューム等可動部の感触。個人差はあるものの、やはり評価はある程度可能だろう。

しかし、オーディオとなると、優劣の評価は極めて難しい。原音にどれほど近く再生できるか、そう聴けばいいと考えるかもしれないが、音の再生には、音源、プレーヤ、アンプ、スピーカ、どれも欠かせない。機器間の相性というものがあり、とくにアンプとスピーカとの相性は著しい。

さらに、問題を難しくしているのは、聴覚の個人差。また、同じひとでも、健康状態によって、天気によって、年齢によって、耳が聴こえる音や聞き分け能力が異なってくる。他人の耳にどう聴こえるかは客観的に判断できるデータが少なく、多くはそのひとの言葉に頼っている。つまり、音の聴こえを客観的に評価する手法はまだまだ模索段階にあろう。

ブラインドテストという手法で評価することがよくある。沢山のオーディオ機器を個人が所有することは難しいが、代わりに、出版社やお店がやっている。ありのまま結果を公表すればいいが、実際にはビジネスと結びついているので、そう多くは公表しない。

まあ、聴くのは自分なんだから、自分が満足すればそれがいい。そう割りきってオーディオを楽しむのも個人の自由だろう。商品にしたいメーカーにはない特権でもある。

さて、LM3886について、いろいろ調べていくうちに、評価が両極端に分かれていることが分かってきた。ゴミと言い切るひとや最高級と絶賛するひと。日本ではまだ評価するほうだが、言論の自由がないといわれている中国では否定する声が不思議に多い。

もうひとつ気になったのは、中国ではLM3886にはプリアンプが絶対必要だという意見が多いこと。単純であればあるほどよく、余計なパーツをなるべく無くしたいというのは自分のいままでのアンプに対する考え方だが、それを否定する声なので、とても驚いている。こういう意見は日本では残念ながらあまり聞かない。

自分にとっての「真相」を究明するためには、手を抜かないで最善を尽くして完成させたい。それでもダメなら諦める。電源周りやケースは他のアンプづくりにも流用できるので、LM3886およびその周辺回路は数千円の投資で済むし。

ついでに、自作したデジタルアンプTA2020についての個人評価を書くと、省エネでは大いに評価できるが、90年代に自作したFETアンプには残念ながら負けている。デジアンプはまだ発展途上と認識した。

Comments are closed.

Post Navigation