MF のズームレンズが届いた。Nikon AiS Zoom-Nikkor 35-105mm F3.5-4.5。スペックとレンズ構成図はつぎのとおり。なお、絞り羽根枚数は7枚。

160911-29

160911-28

今回入手したものは元箱付き(箱のシリアル番号はレンズに一致)。外観は新品同様、キズがほとんどない。光学系はカビ・曇りなしと言っていたが、確認したところ、後玉に大きい汚れがひとつ、前玉にカビが1箇所、中玉が薄曇り、という状態。

160911

160911-1

160911-2

160911-3

160911-4

こういうズームレンズは全く人気がない。どんなに状態が良くても数千円の価値にしかならない。作りがしっかりしていて、画質も決して悪くないが、誰も欲しがらない。

本記事をこれでおしまいにすると無意味になってしまうので、多少の分解作業をやってみた。その記録を残しておく。

まずはガラスの後群の汚れを取ってみたい。後群のどこにあるかはよくわからないので、後群を外してからみることにした。

後部のマウントを固定するネジ3本を外す。適切なプラスドライバを全身の体重をかけて回す。ネジ山がなめてしまってはいけないから。

160911-5

160911-6

つぎに、いつも使っている専用ツールで後群を回して外す。

160911-7

160911-8

160911-9

汚れは幸い後群の裏の表面にあって、簡単にクリーニングできた。下の写真はピントボケしていて、わかりにくいが。

160911-a

後群のつぎに、前群のガラスを取り外すことにチャレンジ。前群を留めるネジを外す。

160911-20

160911-21

硬いゴム板かなにかで前群を押し付けて回す。傷つけずに外すことができる。

160911-22

160911-23

前群のカビは裏の表面にあったので、クリーニングした。しかし、カビ跡は注意深く見れば残っていることに気づく。

さらに、2群目のガラスユニットを外す。

160911-24

160911-25

160911-26

2群目のガラスはクリア。さらにその奥の中玉(3群目)は表面が汚れているので、クリーニングした。薄曇りはだいぶ改善した。何枚ものガラス表面の汚れが重なると薄曇りのように見えていたようだ。

160911-27

これで、レンズガラスは全体的にとてもクリアになった。

最後に、外した部分をすべて元に戻し、テスト撮影。35mm, 50mm, 70mm, 105mm の各焦点において、片ボケがなく、綺麗であることを確認。

35mm 開放絞り (デジカメD750のオリジナルファイル、6016×4016ピクセル)
50mm 開放絞り (同上)
70mm 開放絞り (同上)
105mm 開放絞り (同上)

35mmでは、左右端では多少甘いが、50mm以降はわりとシャープ。

マクロ撮影はこちら、35mm側、ほぼ最短撮影距離0.27m。

160911-2a

MF の Ais ズームレンズは、それほど種類が多くなく、常用焦点距離 20-300mm 内では、

Ais 25-50mm F4
Ais 28-50mm F3.5
Ais 28-85mm F3.5-4.5
Ais 35-70mm F3.5
Ais 35-70mm F3.3-4.5
Ais 35-70mm F3.5~4.8 (フィルムカメラ FM10 のキットレンズ)
Ais 35-105mm F3.5-4.5
Ais 35-135mm F3.5-4.5
Ais 35-200mm F3.5-4.5
Ais 50-135mm F3.5
Ais 50-300mm F4.5 ED
Ais 80-200mm F2.8 ED
Ais 80-200mm F4
Ais 100-300mm F5.6

計14本のみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation