120602.jpg

自分にとっては2台目のFETテスタ。本体以外に、テストリード、取説、「Tester World」というカタログ、および元箱がついている。テストリードの黒棒は先端がマイナスドライバのように加工されていて、センターゼロにするためのZero ADJを回すのに便利。製造時期不明だが、取説は1993年4月の印刷。

120602-1.jpg 120602-2.jpg

高感度というのが特徴。DCVの内部抵抗は一定で、約10MΩ。また周波数特性がよく、3Vレンジでは、50~5MHzとワイドになっている。ほかに、抵抗測定では最大1000MΩまでに対応、ハイメガオームの測定に便利かもしれない。

120602-3.jpg 120602-4.jpg

使用電池は3本。抵抗測定用単二1本、残りの006P 9V 2本は増幅回路とブザー用。単二のマイナス側は取替えられたようで、液漏れにやられたのかな。

内部のプリント基板は2階建構造、ロータリスイッチの周りが高くなっている。見える範囲では、調整用半固定抵抗器は4つ付いている。本個体は指示がだいぶ低下しているので、調整だけで治ればいいね。

ちなみに、回路図が取説にあって、調整には苦労せずに済みそう。

120602-5.jpg 120602-6.jpg 120602-7.jpg

Comments are closed.

Post Navigation