やっと届いた。こういう製品は売れないから、ほとんど受注生産のようだ。ただ、Agilentが校正証明書付きで出荷しているのに対して、Flukeはなにもないことにびっくり。外観も安っぽく、いかにも使い捨てという感じ。

ちゃんと機能してくれればいいけど。

精密抵抗器100Ωを測定しているところ。誤差が0.01%の抵抗器なので、2線測定でも合格。見えないところがFlukeの実力か。5.5桁のAgilentではダメだった。

120627-2.jpg

そして、自作の基準電圧を測っているところ。Agilentは6.8577Vとの表示に対して、Flukeは6.85757V付近。両方とも信頼できそう。

120627-3.jpg

さらに、YEW 3201の1200DCVレンジの内部抵抗を安定的に測定できるようになった。凄い!ただ、8846A自体の1GΩレンジは確度が1%なので、許容差1%の抵抗器を選別することはできない。

120629.jpg

Comments are closed.

Post Navigation