120523.jpg

Simpsonの歴史に興味があるので、Simpson 260-2を手に入れた。製造時期は不明だが、40~50年代と思われる。単一電池1本、および単三4本が使われるが、単一ホルダーの破損と電池液漏れによる腐食が残念なところ。

120523-0.jpg 120523-1.jpg 120523-2.jpg

パネルは260シリーズの中でも洗練していて、5000Vと10A以外に、余計なプラグ差し込み箇所はない。また、モデル名の下に、誇らしげにMade In USA等の刻印が見られる。ツマミ3つがネジ固定式、簡単に外れるところが以降のシリーズと違っている。いろいろな意味で、260シリーズのスタイルを確立した。

120523-3.jpg 120523-4.jpg

しかし、内部構造はシリーズの以降と大きく異なる。抵抗器がそれぞれ所定の穴に入れられ、一見綺麗のようにみえるが、メンテナンス性が最悪。分解しないと抵抗器が簡単に取り替えできないから。単三4本の入替え作業も面倒で、ついついそのままにして、液漏れにやられてしまう。

120523-5.jpg

整流素子はダイオードではなく、取説では酸化銅整流器と説明している。交流の内部抵抗が1kΩ/Vと低い。

ゼロΩ調整ボリューム以外に、調整用半固定抵抗器はない。取説によると、整流器の隣に置かれた2本の白色巻線抵抗器 R23とR24は、個々の整流器に合わせて、ACの調整を行うものだ。

測定したところ、DCの誤差はいまでもスペック内に収まっていて、感心した。ACは整流器の劣化によるものかもしれないが、値が低めになっている。とくにAC2.5Vが顕著。R23, R24の再調整が必要か。Ωレンジでは、ゼロΩ調整ボリュームが多少の接触不良、さらに、RX1用抵抗器がダメになっているようだ。

腐食が激しく、一度分解して内部を綺麗にしたい。

120523-6.jpg 120523-7.jpg 120523-8.jpg

Comments are closed.

Post Navigation