献体用として、メータ不動のSP-6Dをゲットした。ゼロΩ調整可変抵抗器は完動のようで、手術を待っていたSanwa k-20に移植して、一件落着。

残されたSP-6Dは、しかし、勿体無いし、メータの故障にも興味津々なので、分解してみた。

120510-20.jpg

外部端子とのリード線が中で外れただけだ。半田付けしたら動いた。当時のメータは感度が低いせいか、なかなか故障しない。

120510-21.jpg

このメータは当時のSanwa製テスタに多く採用されていて、いつかまた活用できる日が来るのだろう。

<a href=”/hobby/2012/01/sanwa-k-20.html—– EXTENDED BODY:

Comments are closed.

Post Navigation