昨晩、USB-DACと称する商品も見てきた。Onkyo DAC-1000が印象に残っているが、まだ一般的に認知されていないようだ。

自分として、これからはPC中心に音楽を聴くことになるので、DVDドライブ付きのPCを音楽専用にして、CDやFM、ネットからダウンロードしたものをPCで再生する。そして、USB-DACを通して、音源をデジタルアンプに送り込み、スピーカで鳴らす。つまり、
  PC → USB-DAC → デジタルアンプ → スピーカ
というオーディオ再生システムを確立したい。

PCは持ち運びを考えるとノート型がいいだろう。高性能という必要はなく、静けさを第一に求めたい。だから排気ファンのないノートPCがいいだろう。手持ちには何世代も昔のLet’s Noteが良さそう。

要となるコンポはUSB-DAC。デジタル音源をアナログに変換するので、全体の質がそれで決まると言っていい。作成したデジタルアンプと一体的に自作したい。

ただ、USB-DACキットは案外すくない。雑誌付録ものもあるが、質については疑問視している。暫く模索の日が続く。

音楽を聴くスタイルがはっきりしてきたので、やる気が出てきている今日この頃。

120527.gif

Comments are closed.

Post Navigation