昨日、気になっていた抵抗器を取り替えた。適当なボビンは手元にないので、高抵抗値の抵抗器にマンガニン線を巻いて、外に熱収縮チューブを被せてごまかした。

R6 20Ω 0.16mmマンガニン線 約1m
R32 11.2Ω 0.23mmマンガニン線 約1m
R33 108.8Ω 0.10mmマンガニン線 約2m

120527-1.jpg

円筒形のR26については、YEW電圧電流計から強引に持ってきた。形はよく似ているのが理由。

120601-3.jpg

MF-18型に半固定抵抗器が3つあり、それぞれ、DC60uA, DC150mV、AC調整用となっている。今回は、抵抗器の取り替えによって、DC関連の2つを調整することになった。

120527-3.jpg 120527-4.jpg

調整作業自体は難しくない。テスタを水平に置き、指針のゼロ調整をまず行う。終わったら、ロータリスイッチを調整するレンジに回し、フルスケールになる電流(60uA)または、電圧(150mV)をかけることでできる。

半固定抵抗器は中心部がネジで固定されているだけの仕組み。中心ネジを多少緩めて、ドライバでアームを、指針がフルスケールになったところまで回して、最後に中心ネジを固定する。

120527-5.jpg 120527-6.jpg

MF-18はイギリスAVO meterの影響をうけながらも、中国が60~70年代に独自に開発したテスタ。20kΩ/Vの感度を持ち、AC電流も測定できる。DCの許容誤差は1%と高いところが特筆事項(AVO meterに並ぼうとして1%に設定されたと推測するが、結果的に日米製を超え、コストが無視できる計画経済下ならではの賜物になった)だろう。いまでも中国にそのファンが多い。これ以上のものは世界的にも作れなくなったので、大事にしていきたい。

Comments are closed.

Post Navigation