「タム9」という愛称で呼ばれる、タムロン社90mmマクロレンズ2本が手元にあり、比較してみたい。

1本目はタムロン社初のマクロレンズ 52B (SP 90mm F2.5)、神レンズと神話化されている。オール金属製で、MF(マニュアルフォーカス)、レンズ単体で0.5倍までが撮影できる。最短撮影距離 0.39m。中古で入手、ガラスに薄曇りあり、完璧な光学系ではない。

2本目は現行品 272E (SP AF 90mm F2.8 DI MACRO)。プラスチック筐体、AF(オートフォーカス)、単体で等倍まで撮影可。最短撮影距離 0.29m。新品。

160820-12

160820-13

Tamron272E

マクロ撮影では、MF操作が基本となっているので、ピントリングの回転角が大きい52Bが圧倒的に有利。

対して、272EのAF/MF切り替えはフルタイム式ではなく、タイミングによってはうまく切り替えできないことがあり、AF/MFの切り替えに関してはその中途半端さは否めない。さらに、金色環については評価が別れ、私個人としては止めて欲しい立場に立っている。ニコン社の真似をする必要はないし、最新のレンズが金環をやめたのはタムロン自社もデザインのマズさを認めた形と理解して良かろう。

以下はタムロン社が公表したタム9の系統図。本272Eにまで設計されたタム9は52系、72系に分けられる。マクロだけでなく、ポートレート撮影もするなら、52系が有利と言われている。最新のタム9(F004やF017)が新設計のようだ。

tamron90

52Bはガラスに薄曇りあり、設計が約40年前と古く、272Eにはボロ負けと予想しているが、果たして結果はいかに。

テストする天気は薄曇り、使用したカメラはニコンD750。カメラを三脚に載せ、52BはMF、272EはAFにて撮影した。焦点は約1キロ先の看板。以下の一枚は52Bの開放絞りで撮影したもの。

160820-11

比較は中央部と周辺部の2箇所。絞りは2.5, 2.8, 4, 5.6 の4段階。

160820-10.png

中央部に関しては、272Eは解像度が僅かに高く、コントラストが高め。周辺部においては、逆に 52Bは解像度が僅かに高い結果となった。コントラストの違いは52Bの薄曇りによるものかどうかは定かではない。

また、下の2枚の写真は、上が52B、下が272E、ともにF2.8にて撮影、NEFファイルから無修正でJPEGファイル(サイズ6106×4016)に変換したもの。PCにダウンロードし、スクロールしながら比較するといいだろう。

160821-1

160821-2

いずれにしても、52Bは状況によって、いまでも十分通用するレンズであることがわかった。レンズの薄曇りについてもそれほど心配しなくていいようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation