配送ミスにあったもの。本体以外に、取説、テストリード(TL-95)、および元箱が付いている。

製造年は80年代前半。取説の印刷時期が80.12となっているのが根拠。ただ、取説のイラストに書かれたトランスが実物にないので、取説作成時期以降の製品だと推測した。

感度はDC 20kΩ/V、AC 9kΩ/V、極普通のスペック。特徴的なのは薄さにあろう。実測したら28mmしかない。それと、バッテリーのテストや導通ブザー等、現代風にアレンジされている。

コストを徹底的に意識した作りだが、ロータリースイッチはサンワらしく、しっかりしている。また、誤差が大きくなったが、調整したらスペック内にぎりぎり収まった。

120325.jpg 120325-2.jpg 120325-3.jpg 120325-4.jpg 120325-5.jpg

Comments are closed.

Post Navigation