120303-20.jpg

1967年製テスタ TP-23。KDSが何の略かはよくわからない。東京国際テスターと電池蓋に書かれているが。1953年製同型がネット上にアップされているので、結構長くつくられていた商品のようだ。ただ、60年代後半になるとロータリースイッチタイプがメインになり、プラグ式は売れるはずがなかっただろう。そういう意味で、いい状態で残っている本個体が貴重かもしれない。

内部抵抗は珍しくどこにも書かれていないが、測ってみたら1kΩ/Vとなっている。大した感度ではない。

電池は単三2本。電池室は独立しており、乾電池の液漏れから回路を守る設計になっている。

フロントの四角上にあるネジを取り外すと内部にアクセスできる。電池交換は裏の蓋を開けるだけで行えるので、内部までみることはふつう必要ない。

ACV, DCVが共通した抵抗器を使っているので、抵抗器の数が全体的に少ない。同一サイズの黒色巻線抵抗器は見た目丈夫そう。10kΩレンジに対応した唯一のスイッチが接触不良の可能性大。長年使用に耐えない素材を使ったからだろう。ただ、全般的には、真面目に仕上げたテスタのように感じる。

誤差がいくつかのレンジでは多少大きいが、使えないことではない。セレン整流器はまだ稼働状態にある。

120303-21.jpg 120303-22.jpg 120303-23.jpg 120303-24.jpg 120303-25.jpg 120303-26.jpg 120303-27.jpg 120303-28.jpg 120303-29.jpg

Comments are closed.

Post Navigation