King-0.jpg

手元にたまたま残っているカメラの一台。型番が分からないが、ドイツ KING KG社製 Regulaシリーズのひとつ。あまり見かけない一台だが、中級品のカメラ。

KING KG社は1951年、ドイツのBad Liedewzell地方の元時計メーカーであったキング氏が創設したカメラメーカー。多種類の中級カメラを製造してきた。中でもこの KING Regulaシリーズが主製品だった。1984年にディスクカメラに手を出したために失敗し、カメラ業界から撤退したらしい。

このカメラ、貼り革は一部剥がれているが、クロームメッキの質はよく、まじめにつくられた、ドイツらしいものだ。

距離計は非連動タイプだが、内蔵されている。軍艦部左側、巻き戻しダイアルの下部にある、フィート目盛りのダイアルを回すと、ファインダー内の2重像が連動して動く。距離合わせが終わったら、その値を手動で、レンズフロントのリングを回してセットする。ややこしい手順ではあるが、外付け距離計の内蔵化と思えば理解できる。

簡易露出計もファインダーに内蔵されている。1~6までの数字があって、軍艦部背後の右側窓から覗き、適切な明るさで読み取れる数字が明るさを表すのだ。正面の真ん中、細長い枠がその採光窓。しかし、その数字(LV値)をどうやって絞り値やシャッタースピードに換算するか、対応表はカメラに記されていない。

シャッター PRONTOR-SVS、B, 1~300、シンクロ V, X, M付き。絞り 2.8~16。絞りとスピードは別々にセットする。

レンズ Cassar 45mm F2.8、コーティングあり。

フィルムカウンターは手動でリセットする。巻き戻しロックレバーは底蓋にある。

撮影に必要な機能は一通り備えたカメラだが、当時の日本製カメラに対抗する力はもってなかったと思う。

King.jpg King-2.jpg King-3.jpg King-4.jpg King-5.jpg

Comments are closed.

Post Navigation