簡単なほうを先にやった、焼損した抵抗器のリペア。1台目を確認したところ、裸の抵抗線が螺旋状で繋いでたので、0.5mmのマンガニン線を鉛筆に適当に巻き、切断して作ってみた。測ったら1Ω強の抵抗値を示した。

120217-2.jpg

短くするのは簡単なので、とりあえず長めに半田づけした。元の抵抗値は分からず、トライ&ゴーでやっていくつもり。

120217-3.jpg

適当な電圧をかけたら、メータ自体は動いた。指針がまだつけてないので、苦労はこれからだろう。

120217-5.jpg

必要とする指針の長さは約80mm、ストレートタイプで良さそう。他の大型メータからゲットすれば成功の可能性が高いが、献体を物色しなきゃいけない。時間がかかりそう。

Comments are closed.

Post Navigation