アナログテスタ Simpson 260-7M の調整(キャリブレーション)をやってみた。あくまでも自己流なので、参考程度にしてください。間違っている可能性は否定しない。

調整に役立つ資料は Simpson 260に関する資料の総本山 www.simpson260.comにある。今回の機種では、TB9-6625-2354-35 U.S. Army Technical Bulletin 2005 Issue が相当する。

その資料の、Table 11a(19ページ)~ Table 11e(21ページ)をまとめると、調整手続きが以下のようになると思われる。

1. 直流電流の調整(Table 11e)
 直流電流50μAレンジに入力として50μAを与え、半固定抵抗器 R1を調整する。
 直流電流1mAレンジに入力として1mAを与え、半固定抵抗器 R2を調整する。
 その他の直流電流レンジについては確認するのみで、調整することはない。つまり、どうしても調整したければ、抵抗器を取り換えるしかない。

2. 直流電圧の確認(Table 11b)
 調整することなく、確認のみが可。

3. 交流電圧の調整(Table 11c)
 交流電圧 2.5Vレンジに入力として 周波数60Hz / 実効値 2.5V を与え、半固定抵抗 R25 を調整する。
 交流電圧 250Vレンジに入力として 周波数60Hz / 実効値 250V を与え、半固定抵抗 R22 を調整する。
 その他の交流電圧レンジについては、確認するだけでOK。

4. 抵抗レンジの確認(Table 11d)
 こちらも確認するのみ。調整不可。

半固定抵抗器の場所は Figure 2(10ページ)に示されていると資料に書かれているが、自分がやったところでは、Figure 4(24 CHANGE 3ページ)が合っている。ただ、基本的な心構えとして、むやみに半固定抵抗を弄ることは厳禁。事前にデジカメでメモした上で、ちょっとだけ回し、指針の変動を確認する。指針が動かなければ直ちにやめて元の位置に戻す、といった配慮が不可欠。

120219.png 120219-2.jpg

交流電圧源 250V は今回用意できなくて、R22を弄ることはしなかった。

調整した結果、各レンジとも大変精確になったようだ。1930年代以降、姿がほとんど変えずに製造してきた Simpson 260 の魅力を再確認した。

Comments are closed.

Post Navigation