80年代の自分には日置がサンワよりも高性能という認識があったが、最近いろいろとテスタを集めてみたら、自分の認識が必ずしも正しくなかったということに気づいた。とくにHioki 3005は予想外のショボさでがっかり。それでも、日置のなかでも高級機種といわれるこの3011はいつか手に入れ、見てみたいという気持ちがあった。高感度に関しては3010に負けるが、しかし販売価格をみても分かるように、メーカーの力すべてを注がれたのが3011だ。

120222.jpg

外観は日置テスタそのもので、ブラックではなくカラフルになっている。内部抵抗はDCが40kΩ/V、ACが10kΩ/V、バランスの最もよいものと期待されよう。Simpson 260と同様、AC/DC切り替えSWを採用し、抵抗以外のほとんどのレンジはAC/DC共用になっていて、レンジ数が実質的に大幅に増えた。とくに、交流電流はおまけではなく、DCA同様に充実しているところは高級機種といわれるゆえかな。さらに、回路保護が充実している。ヒューズ2本以外に、リレー回路も組み込まれている。

精度が高い。許容差はDCV/DCAが2%、ACVが2.5%、ACAが3%、DCRが3%。ただ、メータ自体が小さいので、決してJIS規格でいうクラスAAにはならない。

この個体だけかもしれないが、メータの(重量)バランスが良い。指針がゼロからほとんどズレない。厳選して重量バランスのよいメータを使ったのかもしれない。

内蔵電池が多い。単三と角型9Vは電池レンジ用だが、もう1本の角型9Vはリレー回路駆動用。電池が消耗するとリレー回路が効かなくなるので、気をつけよう。

開けて中をみると、しかし、楽しむ要素はなにもないところが残念。プリント基板から半固定抵抗器調整穴がかろうじて5箇所に見えるが、故障したら直すには難しい。一生ものでないところは日米の差か。

調べた範囲では精度がいまでもキープしている。スペック的にはSimpson 260を超えたが、すでに製造中止で、生き残っていない。

<追加>
 ロータリースイッチがレンジ 2.5ACV では接触不良(もっと正確に書くと、ストップ位置が微妙にズレて、プリント基板銅箔と銅箔の間に、回転摺動部端子が止まってしまった。円周外側のズレはゆとりがあるので問題ないが、最も内側に以上のようなズレが生じているため、銅箔面に接触していない。2,5DCVは内側を利用しないので、問題発覚に繋がらなかった。)であることが発覚。3005でもスイッチ不良があった。サンワでは滅多に起きなかった問題なのに。原因は耐久性のないプラスチックをスイッチに使ったのだろう。

120222-2.jpg 120222-3.jpg 120222-4.jpg 120222-5.jpg 120222-7.jpg

Comments are closed.

Post Navigation