早速中を開けてみた。1997年1月製造のようだ。ロータリースイッチの周りに抵抗器が綺麗に並べられ、Simpson 260以上の美しさを見せている。F(1%)クラスの抵抗器もあるが、多くはD(0.5%)クラス。さすがに中国製MF35のような0.2%クラスの抵抗器は使えないけどね。

メータカバーはガラス製、静電気に強い。プリント基板がなく、ロータリースイッチ中心の構成。回路保護にヒューズ2本が使われている。調整用半固定抵抗器は1つのみ。Simpson 260に比べ、長期間にわたる性能維持に不利かもしれない。

120216-10.jpg 120216-11.jpg 120216-12.jpg 120216-13.jpg 120216-14.jpg 120216-15.jpg 120216-16.jpg

Comments are closed.

Post Navigation