120129-a.png

真空管電圧計(VTMV)は回路図がほとんど同じ(米国メーカー Heathkit のパクリ)なので、プローブも似ていると思う。DCV測定用に1MΩ抵抗器が内蔵され、ACVやDCRモードではショートしないといけないので、スイッチも内蔵されている。高電圧による感電防止のため、プローブのケースがプラスチック製。ノイズ防止には金属が有利だけど。いずれにしても、プローブの自作は結構面倒かも。

ただし、DCV用とACV/Ω用と別々にケーブルを作る例がよく見かける。それだとスイッチが要らない分簡単にできそう。スイッチの接触不良による信頼性低下もなくなるし、高電圧にも安心。

120129-6.jpg 120129-7.jpg 120129-9.jpg 120129-8.jpg

Comments are closed.

Post Navigation