抵抗レンジ用ゼロ調整可変抵抗が数カ所も断線している。可変抵抗を取り換えることが一番だが、新品で手に入ることは恐らく不可能。次善策として同タイプ可変抵抗を採用しているテスタから取り外し、つまり、ニコイチで直すことだ。

とりあえず、応急処置として、固定抵抗器を可変抵抗につけることにした。これによって電圧・電流レンジのズレが直った。抵抗レンジの修復にはさらなる工夫が必要。献体を待ちながら、ゆっくり考える。

120110-3.jpg

Comments are closed.

Post Navigation