テーブルに置くのに億劫だった電源が綺麗に変身した。塗装に満足したわけではないが、いい経験になった。アナログ電圧計がデジタルLED表示に変わり、精度も見やすさも向上した。また、定電流回路の後ろに定電圧回路を置き、シャント抵抗による電圧降下が出力電圧を影響しないことが確認できた。

メーカー製品の改造をいままであまりやっていなかったが、部品の価格を考えると、ジャンク品を仕入れて改造する方法も魅力的に感じた。電源づくりの場合にはとくにキーデバイスである電源トランス。新品購入なら5千円以上するだろうし、信頼のおけるものは市販されてないかもしれない。買ったものの、実は中国製とかよくあるから。

111223.jpg 111223-2.jpg

Comments are closed.

Post Navigation